ガラスアートのある生活

壷

いろいろなアート作品を観たりしますが、いつも心惹かれるのがガラスアートです。
透明感やきらきら光る美しさに心が躍ります。
作品を作る技法はいろいろあります。
板ガラスを順に積み上げて造っていく方法や吹く方法、ステンドグラスもあります。
トンボ玉もそうです。
作品もシャンデリアや、ついたてなどの大きなものから花瓶、ペーパーウエイトなど小さなものあり、他の芸術品と違って身近なところに飾ることができるものが沢山あるのも好きな理由です。
この頃は新素材として、型に流し込み出来上がりがガラスのような透明感のある作品となる樹脂のようなものもあります。
この樹脂を使用すると押し花を透明な中に散らしたり、お気に入りのものを散らして作品を作ることも出来ます。

透明感が違う

新素材の樹脂を型に流し込んで自分だけのアクセサリーを作ることができます。
又、スマートフォンのカバーも自分だけのオリジナルが簡単に作成できます。
こうした新素材のものは新素材のものはガラスのような透明感がありますが丈夫ですので、割れたりすることを心配する必要はありません。
その点トンボ玉などは物にぶつけたりしますと、割れやすいのでアクセサリーとしてペンダントにするときには紐の長さを考えて、前屈みなったときにぶつからないようにチョーカーなどがお勧めです。
海外のお土産でよく買ってくるのがサンキャッチャーです。
ヨーロッパで売られているものはシャンデリアが壊れたときの飾りで造ったものが多いようです。
特にクリスマスマーケットでよく売られています。

オススメリンク

カレンダー

2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930